使用 搜尋本站文章:

2010-03-15

1484.台南劉家酸菜白肉鍋歡送日本車友




永康さん (藤永康幸) 於 2008 年 11 月 24 日騎 GIANT 小折加入無限自行車隊,2009 年 5 月 10 日購新車 GIANT FCR 共騎。

遺憾很有人氣的 永康さん 即將於四月初在台任期屆滿,返回日本並前往東京敘職,其遺缺將由一位日本女生接任。所以趕快回去吧 ... 不是啦,是歡送永康 !!






3 月 14 日中午在目前非常夯台南劉家酸菜白肉鍋席開兩桌

幸好有訂位,接近 1 點離開時,客滿兼門外還有人排隊等著





席間問 永康さん,最喜歡和最不喜歡台灣的三種食物:

喜歡:滷味、麻辣鴨血和乾麵 / 不喜歡:肉鬆、鱔魚和日式便當

另問最喜歡台灣的地點,永康さん 說:路是用石磚舖成的巷弄




無限台南永康さん 來搞笑的文章:





1439.這就是斯德哥爾摩症候群嗎?』和『1443.朋友是用來相害的






珍重再見 !!!




1004.無限車隊日誌 – 2008.11.22
1173.無限車隊日誌 – 2009.5.9 (小白上陣)
1407.紅配綠 - BBQ
1422.單車破輪要怎樣 … (2/2)
1439.這就是斯德哥爾摩症候群嗎?
1443.朋友是用來相害的
1434. 無限車隊日誌 – 2010.1.23 (劉家酸菜白肉鍋)
1477.二月訪客再度回升
354.祝光 漢生日快樂
748. 安平追想 1661 之奪城情緣
1116.無限車隊日誌 – 2009.3.14

標籤:


無限台南 在 2010-03-15 的 09:25 逼供畫 .....

  | 我要看本篇全文和目前 10 則留言 | | 我要留下「無言無語」一起串供 |







10 則來賓留下寶貴的「無言無語」:



Blogger 美好的一天2010年4月4日 下午3:21:00 說 :

twcctz50自然心JUVO有機養生湯──健康登場。為全家人帶來更健康、更年輕化的生活品質,母親節前購買本產品,再贈一罐「自然心健康初乳餅乾」。 600g/罐。美國進口。有機農糧入字第099-1072-0001號


                                    
Anonymous 匿名2013年9月13日 下午11:27:00 說 :

網誌管理員已經移除這則留言。


                                    
Anonymous 匿名2014年8月31日 上午1:50:00 說 :

  別世界の歌

別世界には湖があります。
その湖で、すべての涙がひとつになります。
だれかが流すべきだったのに、
流されなかった涙たちです。

別世界には谷があります。
その谷を、笑い声が徘徊しています。
だれかが笑うべきだったのに、
押し殺された笑い声たちです。

別世界には家があります。
その家に、思想が子どもたちのように肩よせあって
住んでいます、わたしたちが考えるべきだったのに、
考えられなかった思想たちです。

そして別世界には花が咲いています。
花は愛でできています。
わたしたちが与え合うべきだったのに、
はたせなかった愛たちです。

そしてわたしたちがいつか別世界に行ったとき、
たくさんの闇が太陽のように輝きはじめます。
この地上で不可能だったものが、みな、
わたしたちを待ってくれているのですから。


                                    
Anonymous 匿名2014年9月3日 下午10:03:00 說 :

とても醜い者がいる。
しかし、かれを見る者は美しくなる。

(まちがった方向へ走る船の上では、正しい方向へ歩いてもそれほど進めない)   


                                    
Anonymous 匿名2014年9月4日 下午12:49:00 說 :

一般に、君が先入観をもたず対応するのを、人は好まない。
君が先入観をもっていることを人はのぞむ-かれらの先入観を。


                                    
Anonymous 匿名2014年9月4日 下午2:03:00 說 :

むかしむかし、かごのなかで、商人である主人のために、うたをうたっている一羽の鳥がおりました。
その商人は、昼も夜も彼女のうたごえを楽しみにし、彼女をたいへん気に入っていましたので、金の皿で彼女に水をやっていました。
仕事のために、旅に出ることになったとき、彼はかごのなかの鳥になにか自分に望むものはないか、とたずねました。
「わたしは、おまえが生まれた森をぬけ、おまえのむかしの隣人たちのところを通るつもりだ。なにか、かれらへの伝言はあるかね」
「かれらに、わたしがかごのなかで、悲しみに沈んですわり、とらわれのうたをうたっていると伝えてください。昼も夜も、わたしの心は悲しみでいっぱいです。はやく、みんなと再会し、木立のあいだを自由に飛べたらと願っています。愛する森からのメッセージをもらってきてください。それが、わたしの心をやすらかにしてくれるでしょう。ああ、森がなつかしい。かれらと自由に飛び、羽をひろげてみたい。それまでわたしに喜びはなく、わたしは一生のすべての楽しみから、切り離されているのです」
商人は、ロバの背にまたがり、深い森を旅しました。
彼はおおくの鳥たちのうたごえをききました。
かごの鳥の故郷につくと、商人は立ちどまって頭巾を脱ぎ、こういいました。
「鳥たちよ、かごのなかに閉じ込められている、わたしのかわいい鳥からのあいさつを伝えたい。彼女はあなたがたに心からの愛情を送り、彼女が悲しんでいると伝えてほしいそうだ。そして、彼女は心がやすらぐような返事を求めている。わたしの彼女への愛のために、彼女は鳥かごの柵に囲まれて、とらわれている。彼女は愛するものとともに暮らし、自由な気持ちで空を飛び、うたいたいと願っている。だが、わたしは彼女の美しいうたごえを失いたくないので、彼女を手放せないのだ」
鳥たちはみな、彼の言葉をきいていました。と、突然、一羽の鳥が叫び声をあげ、枝から地上に落ちてしまいました。
商人はその場に凍りついてしまいました。これほど、彼の肝をつぶしたことはいままでありませんでした。鳥は死んで、うごきませんでした。それから、彼は町へおもむき、商いをしました。
やがて、彼は家に帰りました。彼女がどんな伝言を授かってきたか彼にたずねたとき、彼はなんと答えてよいかわからず、鳥かごの前にたち、ただこういいました。
「話すことは、なにもないよ」「そんなはずはありません」と彼女は叫びました。「わたしは、すぐに知りたいのです」
「なにが起こったか、わからないんだ」と彼は答えました。「わたしは、かれらにおまえのメッセージを伝えた。すると、そのうちの一羽が、地面に落ちて死んでしまったんだ」
すると突然、商人の鳥もひどくふるえたかとおもうと、頭から、まっさかさまに鳥かごの床に落ちてしまいました。
商人はおそれおののき、絶望して泣きました。
「ああ、わたしはなにをしてしまったのか」と彼は叫びました。「なんということをしてしまったのだ。わたしの人生はもはやこれまでだ。わたしの月も太陽も去ってしまった。わたしの鳥は死んでしまった」
彼は鳥かごのとびらをあけて、落とさないよう注意しながら、鳥を自分の手のひらの上にのせました。
「彼女を埋めてやらねば。ああ、かわいそうな死んでしまったわたしの鳥よ」
彼が鳥をかごから出したまさにそのときに、彼女は舞いあがり、窓から飛び出して、すぐそばの屋根の上にとまりました。
鳥は彼のほうをむくと、うれしそうにいいました。
「ありがとう、商人のご主人さま、わたしのメッセージを伝えてくださって。あの鳥の答えは、わたしに自由をかちとる方法を教えてくれたのでした。わたしがすべこことは、死ぬことだったのです。わたしは死を選んだときに、自由を得ることができたのです。いまやわたしは、わたしを待ってくれている愛する森へ飛んで帰ります。さようなら、さようなら、ご主人さま。永遠に」
「わたしの鳥は賢かった。彼女はひとつの秘密をおしえてくれた」と商人は考えました。
「もし、愛するものといっしょにいたいなら、なにもかもあきらめる用意をしなければならない。いのちそのものでさえも。そのとき、神、アッラーのお力によって、心から願うことをかちとることができるのだ」


                                    
Anonymous 匿名2014年9月16日 下午10:13:00 說 :

奇妙な鳥、そいつが詩人さ。
連中、日が暮れると黒ツグミに変装して
ぶどう畑に舞い降り、
こっそり、そしてだれにも見られちゃいないと信じて、
泥棒する。

ところで、ぶどう畑の主は?

きみたち、気づかれちゃいない、なんて思うんじゃない!
彼はちゃんと気づいていて、略奪させているのさ。
おまけにね、ほほえんでいるんじゃないだろうか。
きみたちの貪欲さが、きみたちの嫉妬深さがおかしくって、
それに、緑や黒の房を
がつがつと
むさぼり食う
きみたちがおかしくって。

なにしろ自分の
畑のことはよく知っているし、
どの木にどれだけ実がなっているかってことも、よくわかっている。
きみたちのほうは
毎晩、勉強しなおさなくっちゃならないけれど。

そして、どんなに変装したって、
きみたち、ひとり残らず見破られるのだからね。
そして、奇妙な鳥たちよ、
きみたちが巣に帰って、
忍びの衣装をぬぎすて、
ふたたび、自分の安っぽい部屋に
ひとりぼっちで立ちつくすとき、
おわかりだろう、みじめなことがはじまるのさ。

恐ろしく酔っぱらった
きみたちは、腕に顔をうずめ、
これからはじまる長い夜を、
最低の気分ですごすのさ。

ところで、ぶどう畑の主は?

鳥がまだ歌をうたっているのかと思って、
彼は、きみたちの悲嘆に聞き耳をたてているのさ。
言葉どおりの行動を、彼はきみたちに期待しているんだよ。
そして、さっき言ったように、彼は、
ほほえんでいるんじゃないだろうか。


                                    
Anonymous 匿名2014年9月20日 上午12:23:00 說 :

バカみたいに単純と思われてもいいから
今はバラのブーケ


                                    
Anonymous 匿名2014年9月20日 上午1:07:00 說 :

「君の意地悪でわがままなところ
 愛を認めたがらないところ
 翼のついた現実にとび乗りたがっているところ」
 
「君が行きたいと言ってる草原
 超えたいと思ってる困難」


 


                                    
Anonymous 匿名2014年9月20日 上午1:16:00 說 :

いつか 2匹の蛙は王子になります、

ずっと後かもしれないけれど。

きっと 本物を選んでみせます、

その間、苦しくてさみしくて迷い込んで、
もしかしたら死ぬ直前かもしれないけれど・・・


                                    


<<< 回到 首頁 >>>

張貼留言

您的留言都將成為和無限台南的串供證詞,

如不想受牽連,可匯4000歐元給無限台南,

無限台南屆時將竭盡一切力量為您澄清:


您只負責把風而已


-- 價格公道 請勿議價 --